求人情報
求人情報

弊社は、金属加工(製缶・板金・溶接)を中心に地元愛知を地盤に営業しております。
昭和63年に国鉄(日本国有鉄道)を退社、平成3年に創業、以来、下請け企業としてその使命を創造し努力してまいりました。お客様より御指導頂いた多くの技術を大切に蓄積し製造に生かしております。この先も多くの方々と金属加工を通しめぐり合える事を期待しさらなる進歩を重ねていくつもりでおります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

製品

社員の一日

一日の流れ
一日の流れ

社員旅行

会社でのやりがい

Y・Hさんのやりがい

・自分が作った製品をほめてもらえると達成感がある。
・新しい技術を習得したときの達成感。
・任された仕事が完了したときの達成感。
・JISの溶接試験に合格したときの達成感。

Y・Hさんのやりがい

・自分が作った製品をほめてもらえると達成感がある。
・新しい技術を習得したときの達成感。
・任された仕事が完了したときの達成感。
・JISの溶接試験に合格したときの達成感。

Y・Hさんのやりがい

難しい仕事を任された時、努力して成し遂げた時の達成感はとてもやりがいを感じ、自分が作った製品を納品に行き、ありがとう助かりますの一声がすごく仕事の励みになり、製品を使ってもらっていることがとても嬉しく思います。

K・Tさんのやりがい

出来上がったときの達成感、まだまだ100点の物ではない、100点になるにはどうしたら良いか考える事、考えて次に作った物が前に作った物より良く出来ていたときの達成感、自分はステップアップしていく事がやりがいなのではと思います。

K・Tさんのやりがい

出来上がったときの達成感、まだまだ100点の物ではない、100点になるにはどうしたら良いか考える事、考えて次に作った物が前に作った物より良く出来ていたときの達成感、自分はステップアップしていく事がやりがいなのではと思います。

Y・Sさんのやりがい

図面を見ながら、頭の中で形を立体に想像していき、必要な材料や寸法を拾い出していき、拾い出した材料表を製作者に渡します。一つの物件に数多くの品物が使われていき、
完成品になります。一つでも寸法や向きを間違えると製品にはなりません。なので図面の材料取りから間違いがないように、細かく確認していきます。当たり前の事ですが、間違いが無いか、しっかりと丁寧に確認します。そしてそれは一番最初が肝心だと私は思います。
自分が任されている仕事を間違いなく出来た時、それがきちんと形になった時とても嬉しく思います。また、一つの製品を作り上げるのに何人もの人が関わり、一つの物になっていく。それは作る溶接工だけでなく、材料を手配する人、完成した製品を検査する人など、それだけ多くの人々が一つの製品に関わる事によって高品質の製品になっていく事に楽しさや、やりがいを感じます。

年間休日表

2019年

2020年

求人要項